在日コリアン歴史資料室
 在日コリアンの歴史は100年を超える歳月を重ねてきました。かつては在日外国人といえば
コリアンでしたが、1990年代以降さまざまな国や地域から渡日する人々も急増し、日本社会に
おける「多民族化」は急速に進んでいます。
 
 ところが、入居、就職など日常生活のあらゆる場面において外国人への差別は未だ後を絶た
ず、在日コリアンが経験してきた苦難が再び繰り返されているのが現状です。こうした状況は在
日コリアンが持つ歴史や背景が十分に理解されていないこともその一因と言えるのではないで
しょうか。そうした状況の中で、今一度、在日コリアンの歴史や背景を写真や資料を通してわかりやすい形で学習し、当事者の思いを理解していただくことで、多民族共生社会の更なる推進につなげていきたいと考えております。
 
 また、ここ生野区はコリアタウンに代表されるように、日本最大のコリアン集住地であり、古代から朝鮮半島とのつながりが深い地でもあります。当資料室で歴史を学習し、実際に朝鮮半島に縁のある史跡やコリアタウンを歩いて頂くことで、在日コリアンの歴史や人権問題、朝鮮半島の歴史や文化をより身近に感じて頂ければと願っております。
開館時間:午前9時〜午後5時
研修&フィールドワーク(約3時間)

基本料金:5万円
見学料:300円
※案内などはつきません
  あらかじめご了承下さい
多くの方にご利用していただく為に、
予算に合わせた学習が出来ます。
お気軽にお問い合わせ下さい。

※研修、見学ともに予約が必要です。
                    主な展示内容
・大阪市生野区と「猪飼野」
・鶴橋市場の形成
・朝鮮通信使
・済州島―大阪直通航路
・戦前の朝鮮人の参政権
・在日コリアンの戸籍・国籍・在留資格の変遷
・指紋押捺拒否運動 
・在日コリアン高齢者・障がい者無年金問題 
・在日外国人参政権獲得運動  
・未だ残るコリアンへの民族差別
・朝鮮市場からコリアタウンへ
・生野区と「百済郡」
・日本による朝鮮植民地支配
・生野コリアタウン形成史
・解放後の在日コリアン
・在日コリアン管理体制の変遷
・在日コリアン元軍属・軍人の戦後補償裁判
・日立就職差別糾弾闘争
・入居差別問題

資料室のチラシをダウンロードできます。
右の画像をクリックしてください。