ビデオ「いまじん」 企画 大阪市人権啓発推進協議会
制作 ビデオ「いまじん」制作委員会
事務局:NPO法人 多民族共生人権教育センター
規格 VHS カラー24分
価格 ¥15,000- (ビデオ本体1本+手引き書1冊)
※手引き書を追加購入される場合は、1冊¥300-で販売します。
概要 ●プロローグ 〜外国人住民への意識を探る〜

●『ぱだ(韓国・朝鮮語で海)大阪多民族共生人権総合福祉センター』を通して、在日韓国・朝鮮人高齢者のおかれている状況を学ぶ

●『滋賀ラテン学園』を通して、新来外国人のことや、子どもの教育課題を知る

●「RINK(すべての外国人労働者とその家族の人権を守る関西ネットワーク)」を通して、在日外国人がどんな人権侵害や困難に直面しているのかを知る

●『帰国した子どものセンター校・大阪市立阿倍野中学校』を通して、日本の学校での在日外国人の子どもの教育権保障の大切さ(特に「母語」の大切さ)を知る

●『多文化共生センター<ことばの会>』を通して、ことばの大切さ、成人がことばを学ぶ機会の必要性を知る
機関誌「メーレック」
 在日外国人について「人権」の視点から学ぶためには、まず現実を知ることから始めなければなりません。
このビデオでは、外国人の直面する困難や人権侵害を乗り越えようとする努力、人権を守り共生社会を
築くためのさまざまな取り組みにスポットをあてました。
 
ビデオのマーク こちらから「いまじん」を視聴できます。(6MB)
FlashPlayer ビデオを視聴するには、Flash Playerが必要です。Flash Playerはこちらから無料でダウンロードできます。
ご購入は→

Multi-Ethnic' Human Rights’ Education Center for Pro-existence

NPO法人 多民族共生人権教育センター